英語のことわざ【鬼の居ぬ間に洗濯】

鬼の居ぬ間に洗濯 英語
photo by Boston Public Library

「セオドア・ルーズベルト(※)と不愉快な仲間たち」

※第26代アメリカ合衆国大統領

「鬼の居ぬ間に洗濯」の英語

ONINOINUMANI SENTAKU」in Nihongo/japanese

“When the cat’s away, the mice will play.
猫がいないうちにねずみたちは遊ぶ

  • 鬼の居ぬ間に洗濯

mice:mouse(ねずみ)の複数形

鬼の居ぬ間に洗濯とは、怖い人や主人、または監督している人が外出している間に、大いにくつろぐという意味です。

“鬼”にはモンスターの鬼の意味以外でも、こわい人や厳しい人を表現することにも使われます。なので、そういう人がいない間に、洗濯=命の洗濯と言うところから来ている言葉なのだそうです。

衣服を洗う、”洗濯”のことではなかったんですね。

また、英語でもほとんど同じ意味です。ネズミたちにとっては、天敵である「ネコ」さえいなければ、大いに羽を伸ばすことができたようです。

また“When”の代わりに“While”になったり、

たんに

“When(while) the cat’s away”

とも言うようです。

“cat”を用いた英語表現など

“A cat has nine lives.”
ネコに九生あり
⇒ネコはしぶとい

“Not enough room to swing a cat.”
ネコを振りまわすスキマさえもない
⇒(部屋などが)非常に狭い

なぜに猫を振り回すのかについては諸説あるようです。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です