英語のことわざ【楽あれば苦あり】

楽あれば苦あり 英語
photo by a r n i s

「すべては素晴らしくも、ひどくもある」

「楽あれば苦あり」の英語

rakuareba kuari」in Nihongo/japanese

” You have to take the good with the bad.
良いことは悪いことと一緒に受け取らなければならない

  • 楽あれば苦あり

楽あれば苦ありとは、人生というものは楽しいこともあれば辛いこともあり、常に一様ではないという意味です。

逆もまたしかりで、誰にでも苦しいことばかりでもなく、楽しいこともやってくるのが人生というもの。

穏やかに平和に過ごす日々を幸福とするのであれば、何かあっても慌てず、騒がず、なるべく怒らず、悲しまずにいきたいものです。

英語では、良い出来事の裏には悪い出来事もセットで存在している意味になります。

“Take the bad with the good “でも同じです。

「楽あれば苦あり」に似た英語表現

“You have to take the good with the bad, smile when you’re sad, love what you’ve got and remember what you had. Always forgive but never forget, learn from your mistakes but never regret. People change, things go wrong, but just remember life goes on…” 

– Unknown-

(人生は)良いことと一緒に悪いことも受け入れなければならない。だから、悲しい時でも笑いなさい。手に入れたものを愛し、そして覚えていなさい。

いつでも許してあげなさい、でも決して忘れてはいけない。失敗から学びなさい、でも決して後悔はしてはいけない。

人々というものは変わり、物事は悪くもなる。でも、これは覚えておいて。それでも人生は続いていくのだということを…

ー作者不明ー

誰の言葉なのかよくわかりませんでしたが、日本語の生々流転(せいせいるてん)に通じるところがありますね。

 

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です