「プレキソ」英語  NHK・Eテレ

英語学習の初心者向け(小学校5・6年生向け)。中学校に入る前の、英語教材としても格安・最適。

■内容■
始めて英語に触れる小学生(5・6年生)、初心者向け。2014年は、お寿司キャラクターたちが住む、Sushitownでの楽しいアニメストーリーを通し、英語特有の「語順の感覚」を身につける。毎週、ひとつの英語表現を紹介し、繰り返して伝えることで定着の手助けをしてくれます。その他、ネイティブが歌う英語の歌や、早口言葉、などいろいろな方法で、楽しく英語を習得しましょう。

■レベル■
小学校(5・6年生)レベル、CEFRレベル:A0(最も易しい)
(ごく簡単な表現を聞きとれ、基本的な語句で自分の名前や気持ちを伝えられる。)

■費用■
テキスト 596円(本体552円) Kindle版は524円 毎月18日発売。
よって1年間学習時の目安は、514円×12か月=7,152円になります。

■媒体■
テレビ NHK・Eテレ

■放送時間■

Eテレ 午後6:50~7:00
再放送 (翌週)木 午前10:05~10:15

■コメント■

英語学習、英会話の初心者にはおススメ格安英語の学習教材です。小学5・6年生の英語学習向けに作られていますが、「ABC・・」から勉強する児童用ではありません。まったく初心者の児童にとっては、難しいかもしれませんが、英語の「音」を重視する姿勢が素晴らしいと思います。結局英語というものは、相手が何をしゃべっているのか理解できなければ、始まりませんので。格安で質が高いです。

番組の内容は、自己紹介、日常で使うフレーズなども子供目線の会話から楽しく学習できるので、親子で一緒に学習するのもよいかもしれません。また、「プレキソ英語のwebサイト」からは、過去の放送分を見ることができ、途中から学習するのは抵抗があるという方にも、第1回の自己紹介から学ぶことができ、とても便利になっています。

英語学習は始めたばかりではないが、まだ初級者だという方にも、リスニングとスピーキングのいい練習になるでしょう。また番組では、ネイティブによる英語の歌や、早口言葉、時にはダンスの表現などを通じ、様々な英語のフレーズに触れられます。

単語、文法とも昔なら中学1年生から学習する内容です。
でも私は、英語を本気で習得したいなら、リスニングから入る学習が一番必要だと思っています。

英単語を、まず書いて暗記しようとする学習方法はやめ、とりあえずネイティブの発音をどんどん聴いて、物まねをして覚えるほうが、本来の言葉(語学)を覚える順序でもあるはずです。受験英語の勉強方法は、中学からで十分間に合いますので。

それにしても最近のNHKの英語番組は質が高くなりました。堅苦しくなく、エンターテイメント性にあふれていて、楽しく英語が習得できるように工夫が凝らされています。

CEFR
Common European Framework of Reference for Languages
(ヨーロッパ言語共通参照枠)の略。
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です