英語のことわざ【泣き面に蜂】

泣きっ面に蜂 英語
photo by JLK_254 

「雨はやがて土砂降りに」

「泣き面に蜂」の英語

Nakitsurani hachi 」in Nihongo/japanese

It never rains but it pours.
土砂降り以外の雨は決して降らない

  • 弱り目に祟り目
  • 踏んだり蹴ったり
  • 泣き面に蜂

泣き面に蜂とは、泣いている顔に蜂が刺して追い打ちをかけるようにように、不幸や悪いことが続けて起こる意味です。

スマホをどこかで落としたようで、仕方なく道を戻って探していたら、今度は財布を落としてしまった…

「なんでこのタイミングで!?」

と思うような悲運が続いた経験はありませんか。

英語では、一度雨が降り出すと激しさを増して土砂降りとなるように、一つの出来事がさらに連続して、激しさを増す場面で用いられます。

“When it rains, it pours.”

でも同じ意味で、

基本的には日本のことわざと同様に、「不幸な出来事が連続して起こったとき」に用いられますが、逆によい出来事の場合にも使われることもあるようです。

「泣き面に蜂」に似た英語表現

“To add insult to injury.”
怪我した上に侮辱が加わる
⇒踏んだり蹴ったり

insult:侮辱、無礼

injury:ケガ、傷害、損害

悪い状況がさらに悪化するCliché (クルシェ・決まり文句)です。感情的な害を受けるばかりでなく、『悪い出来事が重なった場面』でも使われます。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です