英語のことわざ【沈む瀬あれば浮かぶ瀬あり】

沈む瀬あれば浮かぶ瀬あり 英語
photo by ™ Pacheco

「夜は必ず明ける」

「沈かぶ瀬あれば浮かぶ瀬あり」の英語

Hitonofurimite wagafurinaosein Nihongo/japanese

“He that falls today may rise tomorrow.
今日は凋落する者でも、明日には上昇するかもしれない

沈む瀬あれば浮かぶ瀬ありとは、川の瀬(浅く流れが速いところ)が沈んだり浮かんだりと一様でないように、人生には悪い時もあればよい時もあるという意味です。

人の運命や一生というものは、まるで川の流れのようにとどまることなく、よくもわるくも流れ続けていきます。

「人生にはすべてのことが起こる!」

と、いっそ修行か何かの心構えでいた方が、何か都合の悪いことが生じたときでも、精神的に乗り越えていくことができるかもしれません。

英語の方は直訳的な表現で、もともとこのような英語表現があるわけではないようです。

「沈む瀬あれば浮かぶ瀬あり」に似た英語表現

“When one door shuts, another opens.”
一つのドアが閉まればもう一つのドアが開く
捨てる神あれば拾う神あり

“Life has its ups and downs, but you can only look forward.”

-フランク・ローウィー(オーストラリアの実業家)-

人生というものは山あり谷ありだ。でも前向きになることしかできない。

いい言葉です。今よりbetterにすることしかできない。

確かに愚痴だけ言っていても、何も変わりませんよね。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です