英語のことわざ【破れ鍋に綴じ蓋(われなべにとじぶた)】

破れ鍋に綴じ蓋 英語
photo by JD Hancock

「じつは似たもの同士の方が長く続くそうですよ。」

「破れ鍋に綴じ蓋」の英語

WARENABENI TOJIBUTA」in Nihongo/japanese

“Every Jack has his Jill.
すべてのジャックにはジルがいる

  • 破れ鍋に綴じ蓋

破れ鍋に綴じ蓋とは、割れて壊れた鍋には綴じた蓋(修繕したふた)が似合うように、どんな人にもそれ相応のふさわしいパートナー、配偶者が世の中にはいるものだという意味です。

なお綴じ蓋というのは閉じた蓋ではなく、破れを修繕したふたという意味なので「閉じ蓋」と書くのは誤りです。

英語のJackとJillは、日本で昔典型的であった(?)名前の「太郎」と「花子」です。代名詞として用いることで男女をそれぞれ表現しています。

「どんな男にも、それ相応の女がいる」

ということになります。

“Jack”を用いた他の英語表現など

“Jack of all trades, maste of none “
器用貧乏/多芸は無芸

“All work and no play makes Jack a dull boy.”
よく学び、よく遊べ

そういえば、

「ジャックと豆の木」“Jack and the Beanstalk”にもジャックが出てきますね。

beanstalk:豆の茎(くき)

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です