英語のことわざ【臥薪嘗胆】

臥薪嘗胆 英語
photo by BK

「辛抱強さ」

それがすべての勝利への秘密

-ヴィクトル・ユーゴ―(フランスの詩人・小説家・政治家)-

perseverance:忍耐、耐久力

「臥薪嘗胆」の英語

GASHIN SHOUTAN」in Nihongo

“endurance of hardships
困難に耐えること

  • 臥薪嘗胆

endurance:忍耐、耐えること、我慢

hardship:困難

臥薪嘗胆とは、薪の上に寝てみずからの復讐心をあおって頑張ったり、苦い「肝」を毎朝なめてその恥を忘れまいと心に誓うなどのように、なにかの目的のために労苦をみずからに課して努力する意味です。

もとは中国春秋時代の故事で、呉王の夫差(ふさ)と言う人が父の仇である越王の勾践(こうせん)に復讐をするために、毎日、あえて薪の上に寝てその思いを煽り、勾践を破りました。

一方で夫差の奴隷のようになった勾践は、その恥を忘れまいと家に動物の肝をつるし、毎朝その苦い肝をなめることで屈辱を忘れまいとし、最終的には夫差を滅ぼしたというお話です。

英語では、復讐のニュアンスはありません。

 

「臥薪嘗胆」の他の英語表現

“Enduring unspeakable hardships for the sake of vengeance.”
復讐のために言語に絶する困難を耐え忍ぶこと
⇒臥薪嘗胆

unspeakable:言葉にできない

for the sake of~:~のために

vengeance:復讐、仇討

もう少し「復讐」を強調したい場合は、このように説明的になります。

 

「忍耐」を表す英語のニュアンスの違い

日本語で「忍耐・我慢」などの英語にはいくつかありますが、それぞれのニュアンスの違いは以下のようになります。

patience⇒精神的な忍耐。ストレスなど心的な忍耐力。

endurance⇒肉体的な忍耐。疲労を抱える忍耐力。

perseverance⇒努力や根性を伴う忍耐。一歩一歩頑張る忍耐力。

なので、「臥薪嘗胆」をもっと広い意味で一致させるためには、

“Endurance and perseverance of hardships for the vengeance.”

と言ってもよさそうですね。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です