英語でことわざ【仏作って魂入れず】

仏作って魂入れず 英語
photo by XoMEoX

「まずはドット。点を書く」

「仏作って魂入れず」の英語

Hotoketsukutte tamashi irezuin Nihongo/japanese

“Dot the i’s and cross the t’s.
「i」の点をうち、「t」の横線を引く

  • 画竜点睛を欠く
  • 仏作って魂入れず

dot:点をうつ、小点

cross:横線を引く

仏作って魂入れずとは、苦労して仏(像)を作っても、肝心な”魂”を込めなければただの置物であるように、一生懸命物事をやり遂げても一番重要なものが抜けていれば、台無しになってしまうという意味です。

ここで言う仏は、仏像のこと。

英語の方は、「完璧にする」という意味で、何か物事を行う際には、何か細かい見落としなども無いか、よく注意するべきだということです。

英単語の「i」を書く時の上の”点”や、「t」の初めの”横線”が抜けていれば、英単語としての意味を成しません。

なので、物事を完璧に仕上げるためには、念には念をいれることを促しています。

日本のことわざの方は、『最重要点』が抜けていて全体をダメにするイメージなのに対し、英語では『小さな点』などのミスを排し、完璧にするというニュアンスの違いはあります。

「仏(ブッダ)」に関する英語表現

“Give, even if you only have a little.”

与えよ。たとえわずかしか持っていなくとも。

-Buddha(ブッダ)-

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です