英語のことわざ【君子危うきに近寄らず】

君子危うきに近寄らず 英語
photo by Kristina D.C. Hoeppner

「考えろ。安全な道こそが、最もよい道だ」

「君子危うきに近寄らず」の英語

KUNSI AYAUKINI CHIKAYORAZU」in Nihongo/japanese

“Better safe than sorry.
後悔するより安全な方がよい

  • 安全第一
  • 後悔先に立たず
  • 備えあれば憂いなし
  • 転ばぬ先の杖
  • 君子危うきに近寄らず

君子危うきに近寄らずとは、教養があって徳があるような者は、自らの行動を慎んで危ないことには近づかないものである、という意味です。

「いけないこと」とわかっていても、自分の欲望や誘惑に負け、フラフラと道を踏み外してしまう人がいます。始めはうまくいっても、いざ問題が発生してから後悔することになるのはが、”人間らしい”のかもしれませんが、中には修復が不可能なこともあり、そんな時は後悔だけが残ることになります。

英語表現では、「何事も安全が最優先」という意味になりますが、状況によって様々な日本のことわざと置き換えることができます。

人生のイベントにおいて複数の選択肢がある場合、下手に「二番手」の選択をして、アレコレうまくやろうとして失敗し、後悔するようになっては元も子もありません。

なによりもまず、安全を最優先させるべきであることを伝えています。

“It’s better to be safe than sorry.”

も同じ表現です。

「君子危うきに近寄らず」に似た英語表現

“Discretion is the greater part of valor.” 
思慮分別は勇気においての大部分である
慎重さは勇気の大半
⇒君子危うきに近寄らず

「大胆」なのか、「無謀」なのかの評価が分かれるように、「弱腰」なのか「慎重」であるのか、本人と他人との認識の違いというものはありそうです。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です