英語のことわざ【無い袖は振れぬ】

無い袖は振れぬ 英語
photo by Matthias Ripp

「お前の結婚線よこせ!」

「無い袖は振れぬ」の英語

“A man cannot give what he hasn’t got.
人はすでに持っていない物を与えることは出来ない

  • 無い袖は振れぬ

man:(男女の区別なく)人、人間

無い袖は振れぬとは、袖の無い着物はどうやっても袖を振ることができないことから、持ってないものはどうすることも出来ないという意味です。

江戸時代では、着物の袂にお金を入れて持ち運びしていました。袂とは、和服の袖つけから下の袋のように垂れている部分です。

なので、「無い袖」とは具体的にはお金を現しています。

「お金貸してくれ!」

などのような、金銭的な依頼に対抗して用いるのが本来の正しい使い方ですね。

英語では”what he hasn’t got”「すでに持っていない物」と言っていて、金銭的なものに限定されてはいません。

“You can’t give what you don’t have.”

も同じ意味となります。

「無い袖は振れぬ」の他の英語表現

“Nothing comes from nothing.”
無から出てくるものは無である
⇒無い袖は振れぬ

たしかに、”“から「有」は生み出せません。

“You can’t get blood out of a stone.”
石から血を得ることは出来ない
⇒無い袖は振れぬ

“血”は人間にとって重要なもの。

でも、なんだかちょっと怖いですね。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です