英語でことわざ【生兵法は大怪我のもと】

生兵法は大怪我のもと 英語
photo by BK

知識は道具である。

そしてすべての道具と同じように、

その効果というものは、使用者の手にゆだねられている。

-ダン・ブラウン(米国の小説家)-

「生兵法は大怪我のもと」の英語

Namabyouhouwa ookeganomotoin Nihongo/japanese

“A little bit of knowledge is a dangerous thing.
少しばかりの知識は(かえって)危険なもの

  • 生兵法は大怪我のもと

生兵法は大怪我のもととは、多少知っている程度の兵法で相手に戦を挑めば、深い知識や経験のある者にコテンパンにやられてしまうように、かえって大怪我をする可能性があるという意味です。

若かりし頃。

「俺、むかし空手をやってたから」

なんて強さ自慢を吹聴していると、本当に強い相手に戦いを挑まれたときでも、後に引けなくなってしまいます。

そして、その結果は…。

英語の場合も同様に、何かの物事につき中途半端に知識や技術を聞きかじっただけで「自分はもう専門家だ!」と己の能力を過信する危うさを表現しています。

「生兵法は大怪我のもと」に似た英語表現

“A little knowledge is a dangerous thing.”

も同様の意味ですね。

これらの英語表現の由来は、

17世紀の英国の詩人・アレキサンダー・ポープ

“A little learning is a dangerous thing.”
少ない学びは危険なもの

という言葉から来ているようです。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です