英語のことわざ【いつも欲しいものが手に入るとは限らない】

欲しいものがいつも手に入るとは限らない 英語
photo by Do8y

スポンサーリンク

「いつも欲しいものが手に入るとは限らない」の英語

“You can’t always get what you want.
邪魔されずに前進する

  • いつも欲しいものが手に入るとは限らない

いつも欲しいものが手に入るとは限らないは、英国のロックバンド、The Rolling Stones(ローリング・ストーンズ)が1969年に発売した「邦題:無常の世界」のタイトルでもあります。

意味は読んで字のごとし。

成功」は努力しても必ず手に入れられるわけではないことに似ています。

The Rolling Stones  1969

You Cant Get What You Want/無常の世界

I saw her today at the reception
A glass of wine in her hand
I knew she was gonna meet her connection
At her feet was a footloose man

You can’t always get what you want
You can’t always get what you want
You can’t always get what you want
But if you try sometimes
well you might find
You get what you need

footloose:フットワークの軽い、好きな所にいけて

not always~:いつも~なわけではない、いつも~とは限らない

“At her feet was a footloose man.”

は、”a footloose man was at her heet.”

が倒置されて「彼女の足元に」が強調されています。

この歌詞ではいつも手に入るわけではないけど、

「とりあえずやってみれば?」と言っているんですね。

「成功」は努力したら必ず手に入るわけではないけど、成功する人はみんな努力しているのですよね。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です