英語のことわざ【火のない所に煙は立たぬ】

火のない所に煙は立たぬ 英語
photo by Raxon Rex

-火と煙の裏表-

スポンサーリンク

「火のない所に煙は立たぬ」の英語

“Where there is smoke, there is fire.
煙のある所に、火はあり

  • 火のない所に煙は立たぬ

火のない所に煙は立たぬとは、煙があるとこには必ず火の気があるように、何かの噂が立つ所には必ず何かしらの根拠があるという意味です。

現代のネット社会では匿名で何でも投稿ありなので、必ずしもそうとも言えないような気がしますけれどね。

ネット上には誹謗・中傷のコメントも匿名性を生かして雨あられの如しで、たまにまったく根拠がなく行き過ぎた内容のものがニュースになっていたりもします。

英語では、

“Where there’s smoke, there’s fire.” として、

よく音楽やTVドラマのエピソードなどのタイトルになっています。

「火のない所に煙は立たぬ」の他の英語表現

“There is no smoke without fire.”
火がなければ煙はない
⇒火のない所に煙は立たぬ

肯定文「あれば・ある」の逆で、こちらは「なければ・ない」の否定・否定。

どちらも伝えている内容はまったく同じですよね。

 

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です