英語のことわざ【好きこそ物の上手なれ】

好きこそものの上手なれ英語
photo by Logan Brumm

スポンサーリンク

好きこそ物の上手なれの英語

“What one likes, one will do well. “
人は好きなことなら、上手にできる

  • 好きこそ物の上手なれ

do well:うまくいく、成功する

好きこそ物の上手なれとは、人は好きなもであれば努力することも苦ではないので上達しやすいという意味です。

この意味の逆で、”下手の横好き”という言葉もありますが人生において好きなことには費やす時間も多いため、結果としては得意な分野になることでしょう。

よくプロフェッショナルになる条件として、「10,000時間説」というのが語られることがあります。これは、何事でもその道の”プロ”と呼ばれるためにはこのぐらいの時間的な修練が必要とされるという意味ですが、逆を言えば、誰でも好きでこのぐらいの時間をかけられる分野があるのであれば、自ずと”プロ”と呼べるぐらいの領域に達する可能性があるという意味にもとれます。

寝食を忘れて継続して熱中できるものがある人は、それで生計を立てていくことを考えてもいいかもしれませんね。

「好きこそ物の上手なれ」の他の英語表現

“Who likes not his business, his business likes not him. “
自分の仕事を嫌う者は、仕事からも嫌われる
⇒好きこそものの上手なれ

いやいや行っている物事が得意になるはずがありません。苦手だと思うことでも、せめて前向きに取り組めるような考え方に持っていきたいものです。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です