英語のことわざ【下手の考え休むに似たり】

下手の横好き休みに似たり
photo by Hartwig HKD

「これぐらいだからー。」

「あーだ。こーだ。」

「ええと…。」

スポンサーリンク

「下手の考え休むに似たり」の英語

HETANOKANGAE YASUMUNINITARI」in Nihongo/japanese

“It’s hard to tell a poor thinker from a sleeping one.
貧弱な考えの人と眠っている人を区別するのは難しい

  • 下手の考え休むに似たり

poor:思慮の浅い、下手な、欠乏している

tell A from B:AとBを区別する

下手の考え休むに似たりとは、いい案や考えが浮かばないのに時間をかけても、休んでいるのと同じで無駄に時間を浪費しているという意味です。

もとは囲碁や将棋などの対局中に、下手な者が長く考え込むことをからかう言葉からきています。

「まだかね~。どうせいくら考えても同じなんだから、早くしてよ。」

という感じですね。

とうぜん相手は、カチンとくることでしょう。

英語のほうは、日本のことわざの直訳調です。

「考えているのか眠っているのか、わからない。」

という風に、考えが足りない人(下手な人)を馬鹿にしています。

「下手の考え休むに似たり」の他の英語表現

“Mickle fails that fools think.”
愚か者たちの考えることはほとんど失敗
⇒下手の考え休むに似たり

mickle:大量の、たくさんの

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です