英語のことわざ【時は金なり】

時は金なり
photo by Celestine Chua

スポンサーリンク

時は金なりの英語

” Time is money.”
時間はお金

  • 時間はお金と同じ
  • 時は金(かね)なり

時は金なりとは、時間はお金のように大切なものであって、無駄に浪費すべきではないとする戒めです。アメリカ建国の父と呼ばれるベンジャミン・フランクリンの言葉として有名です。100ドル札の肖像画の人ですね。

また、他に時間の貴重さを教える言葉としては、
“Art is long, and life is short.”
技術は長く、人生は短い
⇒少年老い易く、学成り難し  があります。

ここでの”art“は、「芸術」でも意味は通りますが、もともとの言葉の由来からは「医術、技術」などの意味で使われるのが本源的のようです。

芸術も技術も、一人の寿命を超えて次の世代に伝えることができるのは同じです。

”time”を使った英語のことわざや表現

“Time flies(like an arrow).”
時間は飛んでいく
⇒光陰矢のごとし

“Time will tell.” 
時間は教えてくれる
⇒いまにわかるさ

“Time and tide wait for no man.”
時間と潮の干満は、人を待ってはくれない
⇒歳月人を待たず

“There’s always a nest.”
どんな時も次の機会はある
⇒必ずまたの機会はある

上が慰めの言葉なのに対し、この言葉の真逆の叱咤激励が、

Seize the fortune by the forelock.”
幸運は前髪でつかめ
⇒幸運の女神には前髪しかない

ローマ神話に伝わる運命の女神、フォルトゥーナに”Fortune”には後ろ髪がなかったそうで、彼女がやってきたときに捕まえるチャンスは、正面からだけの1回だけなんだそうです。

“Opportunity has hair in front, but behind she is bald; if you seize her by the forlock, you may hold her, but if suffered to escape, not Jupiter himself can catch her again.”  -ラテン語のことわざ-

チャンス(の女神)は正面の髪を持っている。しかし後ろはハゲだ。なのであなたが彼女を前髪でつかむのであれば、彼女をつかまえられるが、もし逃げられたら、ジュピターですら彼女をつかまえることは二度とできない。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です