英語のことわざ【暖簾に腕押し】

暖簾に腕押し
photo by John Ragai

スポンサーリンク

「暖簾に腕押し」の英語

“It is like beating the air.
それはまるで空気をたたくようなものだ(無駄なことだ)

  • ぬかに釘
  • 暖簾に腕押し

beat:連打する、たたく

暖簾に腕押しとは、暖簾に腕でいくら押しても手ごたえがないように、相手に何かを行っても、手ごたえや張り合いがないことを意味します。

(“腕押し”は腕相撲の意味とする説もあり。)

「ぬかに釘」もおなじ内容のことわざです。

英語では、上の例文のように”to beat the air “でその無意味さ・空しさを伝えています。

また、”to beat the wind“でも表現することができます。

空気も風も、たたくことは出来ませんので。

「暖簾に腕押し」の他の英語表現

“All is lost that is given to a fool.”
愚か者に与えられるものはみんな無くなる
⇒暖簾に腕押し?

fool:愚か者

「バカには何も与えるな。」

愚かな人に頑張って教えてあげても、それは「暖簾に腕押し」で時間の無駄だということ。

相手に対して、何かを与えたり伝えたりすることの無意味さを説く場合に、この表現でも問題ないですね。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です