英語のことわざ【海老で鯛を釣る】

海老で鯛を釣る 英語
photo by Gregory “Slobirdr” Smith

スポンサーリンク

「海老で鯛を釣る」の英語

“Throw a sprat to catch a whale.
クジラを捕まえるためにニシンをまく

  • 海老で鯛を釣る

sprat:ニシン類の小魚

海老で鯛を釣るとは、小さな海老でより価値の高い鯛を釣ることから、わずかな労力や努力によって大きな収穫を得ることを意味します。

とはいえ、

「海老もそれなりに価値のあるものなので、よいものを得るためにはある程度の犠牲も必要なのかな?」

と思ってしまう人もいそうですが、釣りで使うエビはスーパーで安く売っている小さな海老のイメージです。伊勢海老や車エビなんて鯛を釣るのに使いませんよね。やはり雑魚扱いの”わずかな労力”として用いられているようです。

英語では海老の代わりにニシン、鯛の代わりにクジラで表現されています。

また同じように、

“Sprat to catch a mackerel.”
サバを捕まえるためのニシン(小魚)

とも言います。

mackerel:サバ

また日本でなじみのある魚の英語としては、

tuna fish:マグロ

salmon:サケ

yellow tail:ブリ、ハマチ

pacific saury:さんま

flatfish:カレイ、ヒラメの総称

flounder:カレイ

sole:ヒラメ

sweet fish/ayu fish:アユ

trout:マス

などがあります。

全部覚えておくと、なんかかっこいいですね。

「海老で鯛を釣る」の他の英語表現

“Venture a small fish and catch a great one.”
小魚を賭けてより大きい魚を捕まえよ
⇒海老で鯛を釣る

 

venture:思い切ってやる、賭ける、大胆にする

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です