英語のことわざ【灯台もと暗し】

灯台もと暗し 英語

スポンサーリンク

「灯台もと暗し」の英語

“The darkest place is under the candlestick.
最も暗い場所は、ろうそく台の下だ

  • 灯台もと暗し

candlestick:燭台、ろうそく立て

灯台もと暗しとは、ろうそくを立てている台(燭台)のすぐ下は明かりが届かずに暗いように、身近なことはかえってわかりにくい、という意味です。

ここでの「灯台」は、海の岬で船の安全な航行のために光を放って位置を示す、「灯台」とよく誤解されがちですが、この海の「灯台」のことではありません。

この「灯台」とは、油の入った皿(灯明皿)に芯を入れて灯す燭台・灯明台のことです。江戸時代に入って一般庶民の家で、夜の部屋の照明器具としてよく使われていました。

江戸時代の時代劇などでも、見かけますね。

油を置く場所が皿状になっているので、すぐ近くであるはずの真下には光が届かないため、このような言葉が生まれました。

なので、

“The lighthouse does not shine on its base. “

のように訳すのは、厳密には誤訳になります。

lighthouse:(海の)灯台

でも、(海の)灯台の下も同じように暗いので、伝えたい内容としては一緒で、「江戸時代の燭台」にこだわらなければ、それほど問題もなさそうですが。

「灯台もと暗し」の他の英語表現

“Go abroad and you’ll hear news of home.”
外国へ行けば自分の国の噂が聞こえます
⇒灯台もと暗し?

身近であるばかりにかえって手元の情報・内容は分かりずらくなるもの、という意味になります。

例えば、となりに住んでいる人について何も知らなかったけれど、職場やテレビのニュースなど思わぬ場所で、隣人のことがが分かった場合などの表現としては、「灯台もと暗し」として用いることができそうです。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です