英語のことわざ【故郷へ錦を飾る】

故郷に錦を飾る 英語
photo by NASA Goddard Space Flight Center

「地球へ、帰ってきた。帰ってきた。」

スポンサーリンク

「故郷へ錦を飾る」の英語

“To return to one’s hometown in triumph.
意気揚々と故郷に帰ってくる

  • 故郷へ錦を飾る

triumph:勝利、大成功

故郷へ錦を飾るとは、ふるさとを離れていたものが立身出世して高価な絹織物「錦」を着て故郷に帰ることをいいます。

貧しいけれど夢と希望を持って村を飛び出した若者が、都会での努力の甲斐があって大成功し、立派な身なりを身にまとって意気揚々と故郷へ凱旋する姿です。

「あいつが小さい頃は、オラがよく勉強を教えてやったもんだ。」

村人のこんな自慢話も聞けそうですね。

英語では、何かの戦いなどに勝利をおさめて帰郷するような、ちょっと大げさなニュアンスになります。

日本の、

「あいつは立派になったもんだ。」

という立身出世をたたえる表現の中は、”勝ち負け”の考え方は薄いですよね。

ちなみに「錦(にしき)」とは厚手絹織物の総称です。さまざまな色の糸を織り込んで、高価な衣服であるとともに美しく鮮やさの代名詞でもあり、英語では“Japanese brocade”となります。

brocade:錦、ブロケード

「故郷へ錦を飾る」の他の英語表現

“To come home in glory.”
栄光の中で、帰宅する
⇒故郷へ錦を飾る

glory:栄光、名誉

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です