英語のことわざ【伝家の宝刀】

伝家の宝刀 英語
photo by Dan Taylor-Watt

「2020年のニッポンの切り札!」

スポンサーリンク

「伝家の宝刀」の英語

DENKANO HOUTOU」in Nihongo/japanese

“To play one’s trump card
切り札を出す

  • 伝家の宝刀(を抜く)

trump (card):切り札、奥の手

伝家の宝刀とは、先祖代々伝わる宝物のような名刀のこと。普段は表に出されることなく大切にしまってありますが、”いざ”という時にはすべてを覆すような威力を持っているはずです。

さらに「伝家の宝刀を抜く」と言えば、実際にアクションに移すタイミングとなります。

英語では、cards(日本語のトランプ)において切り札となる札のことを”トランプ”と言います。日本語でトランプと言う意味とはちょっと違いますね。

「伝家の宝刀」の他の英語表現

“to use special trick”
特別なトリックを使う
⇒伝家の宝刀を抜く

普段通りではないから、”Special”なのです。

つまり、奥の手。

“one’s last resort”
最後の頼みの綱
⇒伝家の宝刀

resort:頼みの綱、行楽地

よく聞く表現です。

“ace in the hole”
穴の中のエース
⇒伝家の宝刀

元はスタッドポーカーに由来する言葉で、”hole”は伏せて配られて最後の時までみせることにない札”hole card”の意味なのだそうです。

19世紀のアメリカにおいてこのフレーズは、「隠し持たれた武器」を表現するためによく使われており、1920年代に入ってからのちに、「驚くべきアドバンテージや影響力」を表現する暗喩として用いられるようになりました。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です