英語のことわざ【便りのないのは良い便り】

nonewsisgoodnews
photo by John Ragai

スポンサーリンク

便りの無いのは良い便りの英語

“No news is good news .”
ニュースがないのは、よいニュースだ

  • 便りのないのは良い知らせ
  • 便りのないのはよい便り

便りのないのはよい便りとは、何の知らせもないということは、何も問題がなかったはずだ、という前向きなことわざです。

そもそもニュースというのは大概悪い内容が多いものです。事件や事故、天変地異など悲しい内容の話が9割で、せいぜい残りの1割程度がほっとする話や天気予報などです。

「今日のニュースです。今日は何もありませんでした。」

なんていったら、平和な一日だったということになりますよね。

ところが現代社会では、スマホやSNSなどの情報の伝達手段が進化した結果、それらの悪いニュースは、一瞬のうちに世界中に駆け巡ることが可能になりました。

色々と案じている暇もありません。

ところで、”news”の発音は、「ニュー」ではなく、「ニュー」と濁りますのでご注意ください。

“news”を使った他の英語のことわざ

“Bad news travels fast.” 
悪事千里を走る

“Bad news has wings.”
悪事千里を走る

こちらは、相場の格言です。
Buy on the rumor, sell on the news. ”
噂で買って、事実で売れ

株式相場などで儲けるためには、良いニュースが出そうだという噂の段階で仕込んでおき、事実が出た時にはもう売るべきだという、購入のタイミングを教えています。 

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です