英語でことわざ【金は天下の回りもの】

金は天下の回りもの 英語
photo by JD Hancock

「いつもお疲れ様です」

スポンサーリンク

「金は天下の回りもの」の英語

Kanewa tenkano mawarimonoin Nihongo/japanese

“Money comes and goes.
お金は行ったり来たり

  • 金は天下の回りもの

come and go :行ったり来たり

金は天下の回りものとは、お金というものは一か所にとどまることなく、世の中を循環していくものであるという意味です。

このことから、今はお金がない人でも、循環でいずれは回ってくるので、あまり悩み過ぎなくても大丈夫だよ、という励ましの言葉として用いられます。

また逆に、今は手元に使えるお金がある人が、

「金は天下の周りもの!だからどんどん使えば、世の中は循環して、回り巡ってまたお金が返ってくるはずだ!」

なぁんて、湯水のごとく無駄遣いをする理由となったりもしますので、ご注意を。

「宵越しの銭は持たない主義」と同様に、計画性なく右から左へとお金を使ってしまう人で、お金持ちになった方を聞いたことがありませんので。

「金は天下の回りもの」に似た英語表現

“Easy come, easy go.”
簡単に入ってくるものは、簡単に失う
悪銭身に付かず

幸運にも今まで経験がしたことがないほどの大金を得ても、賢い使い方が分からなければ、やがてすべてを失ってしまうのは時間の問題です。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です