英語のことわざ【人手が多ければ仕事は楽になる】

多くの人手は仕事を楽にする
photo by Jessy Rone

「俺も俺も!」

スポンサーリンク

「人手が多ければ仕事は楽になる」の英語

HITODEGAOOKEREBA SHIGOTOHARAKUNINARU」in Nihongo/japanese

“Many hands make light work.
たくさんの手は仕事を軽くする

  • 人手が多ければ仕事は楽になる

人手が多ければ仕事は楽になるとは、どんな大きな仕事もみんなで手伝えば早く簡単に終わるという意味の英語のことわざです。

この英語のことわざの歴史は古く、中世1300年頃の英国ロマンスである「ハンプトンのビーヴィス卿」”Bevis of Hamptom”に最初の記録があるそうです。

また、これとは反対の意味になることわざとしては、船頭多くして船山に登るで、英語では“Too many cooks spoil the broth.”と言います。

broth:ブイヨン、出汁

「人手が多ければ仕事は楽になる」に似た英語表現

“Two heads are better than one.”
二つの頭の方が一つよりいい

“Four eyes see more than two.”
四つの目は二つより見える

ともに一人よりも二人の方が、ベターだと言っていることになりますが、下の方の表現はあまり聞かれないようです。ちなみに日本語のことわざでは「三人寄れば文殊の知恵」が近い意味ですね。

日本語の方が一人多いですが。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です