英語のことわざ【飛んで火にいる夏の虫】

飛んで火にいる夏の虫 英語
photo by Giacomo Carena

スポンサーリンク

「飛んで火にいる夏の虫」の英語

“It is like a moth flying into the flame. “
それは炎に飛んで入る蛾のようだ

  • 飛んで火にいる夏の虫

moth:蛾

飛んで火にいる夏の虫とは、昆虫が炎の光につられて飛び込み、身を焼かれてしまうように、自ら進んで危険な場所などに飛びこんでいくことを言います。

戦国時代のドラマなどで、敵が罠にかかった場合に出てきそうなセリフです。

“like a moth to a flame burned by the fire.”

もおなじ意味になります。

「飛んで火にいる夏の虫」の他の英語表現

“The fool hunts for misfortune.”
愚か者は不運を探し求める
⇒飛んで火にいる夏の虫

hunt for:探す、尋ねる

misfortune:不幸、不運

元はフランスのことわざから来ているようです。

“Fools rush in where angels fear to tread.”
愚か者は天使が足を踏み入れるのを恐れる場所に飛び込む
⇒飛んで火にいる夏の虫

rush in:乱入する

tread:歩く、踏みいれる

「無茶と無謀は異なる」という話を聞いたことがありますね。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です