英語のことわざ【残り物には福がある】

残り物には福がある 英語
photo by Craig Sunter

スポンサーリンク

残り物には福があるの英語

“Last but not least.”
最後だからといって重要でないわけではない

  • 残り物には福がある

残り物には福があるとは、先を争って奪い合うよりも最後に残った物の中にも、思いがけず価値あるものがあるという意味です。

バーゲンセールなどで出だしが遅れてしまった人など、慰める場面で使うことが多いようです。自分の場合は焦っているとたいてい”安物買いの銭失い”になるので、後からすると、かえって”買わなくてよかった”と思うことが多いです。

「残り物」というか、「残ってもいない」場合なんですけどね。

英語の場合は、舞台などでの複数の人物紹介で最後になってしまった人や、スピーチなどで最後に伝える言葉に対して、「最後にですが、この人(言葉)も重要なんですよ」みたいな感じで締めの言葉としてよく使われているようです。

みんなの前で英語で何かを話す機会がある時には、このフレーズを覚えておくと格好よくスピーチを終えられそうです。

「残り物には福がある」の他の英語表現

“There is luck in the last helping.”
最後の一杯には幸運あり
⇒あわてる乞食はもらいが少ない
⇒残り物には福がある

“Good luck lies in odd numbers.”
幸運は奇数にあり
⇒残り物には福がある?

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です