英語のことわざ【桃栗三年柿八年】

桃栗三年柿八年 英語
photo by Yumi Kimura

「見えるものがすべてではないらしい。」

スポンサーリンク

「桃栗三年柿八年」の英語

MOMOKURISANNEN KAKIHACHINEN 」in Nihongo/japanese

” it often takes time to bear the fruit of one’s actions .
人の行動が果実として実になるのは、しばしば時間がかかる

  • 桃栗三年柿八年

bear:出産する、実をつける

桃栗三年柿八年(ももくりさんねんかきはちねん)とは、桃や栗は、種から芽が出て木となりやがて実がなるまでに3年の月日を要し、柿に至っては8年もかかるという意味です。

また、その月日の長さを例にして、何かを成し遂げたり成果が出るまでには、とても長い年月がかかるということの、たとえに用いられたりもします。

英語では、桃や栗または柿の成長する特性については触れていません。

人が物事を成し遂げることの難しさというものを、木に果実がなるまでの時間的経過と結び付けて表現をしています。

なお英語にこのようなフレーズがあるわけではなく、日本の「桃栗…」のことわざを説明するときに用いられるような英文です。

ちなみに桃は英語で、”peach”

栗は“chestnut”

柿は、“persimmon” です。

よくある間違いとして、栗は「マロン」ではありませんのでご注意を。

(“marron”はフランス語です。)

「桃栗三年柿八年」に似た英語表現

「長い年月を耐え忍ぶことの尊さ」を第一に伝えたいのであれば、場面によっては以下のような表現でも通じることでしょう。

“Persistence pays off.”
継続は力なり

“Slow and steady wins the race.”
努力に勝る天才なし

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です