英語のことわざ【壊れてないものは直すな】

dontfixit
photo by BK

なにかを治そうしたり、

変えようと思うことはやめよう。

ただ放っておく。

-イヤンラ・ヴァンザント(米のスピリチュアリスト)-

スポンサーリンク

「壊れてないものは直すな」の英語

KOWARETEINAIMONOWA NAOSUNA 」in Nihongo/japanese

“If it ain’t broke, don’t fix it.
壊れてないなら直すな

  • 壊れてないものは直すな

ain’t:am not/is not/are not/have not/has notの短縮形

壊れてないものは直すな とは、そのままで正常に動くものに、改良をしようと手をくわえることは間違いであるという意味です。

より良い方法などを追及し、改善していくのはよいことですが、そもそもの基本がわかっていないのにいじくりまわした結果、以前よりもパフォーマンスが悪化しては意味がありません。

腕時計の秒針が遅れ始めたからと言って、下手に素人が手を出すと壊してしまうことになります。治すなら「本気で」行わないといけません。

なお、英語例のbrokeは文法的には間違っていて、正しくは

“if it’s not broke, don’t fix it.”

ですが、スラングではよく例文のように語られます。

さらにain’t も口語でよく使われる否定のスラングです。

ain’tを用いると、

“I ain’t go nowhere.”

「俺はどこにもいかねぇーよ。」

と、ボビー・オロゴン風のぶっきらぼうな感じになりますので、注意しましょう。

また、この文の例だと二重否定にもなっているので、文法的にはnowhere は誤りでanywhereですが、口語ではこのように話されます。

この辺はあまり細かく考え過ぎずに、”行かないこと”を強調するために否定を二回使っているのかな、ぐらいに考えておくほうがよいでしょう。

【壊れていないものものは直すな】の他の英語表現

“Don’t fix what is not broken.”
壊れていないものを直してはいけない。
⇒壊れていないものは直すな

内容はまったく同じです。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です