英語のことわざ【備えあれば憂いなし】

備えあれば憂いなし

スポンサーリンク

備えあれば憂いなしの英語

“Hope for the best,but prepare for the worst .”
最善を願いながら、最悪に備えよ

  • 備えあれば憂いなし

この格言の由来は、古くはローマ時代の政治家であり、哲学者でもあったセネカという人の同特集の中の言葉だそうで、その後も英語圏で広く伝わったものなんだそうです。

心理的にはポジティブでありながらも、実際的には最悪の事態を想定し、準備を万全に行っておくようにという意味になりますね。

地震大国でもある我が日本では、定期的に思い出しておきたい言葉です。

備えあれば憂いなしの他の英語表現

Better safe than sorry.” 
(後で)後悔するより、安全な方がいい
⇒転ばぬ先の杖
または
⇒備えあれば憂いなし

さらに、似たような表現として思い当たるのは、
マハトマ・ガンジーの名言、

“Live as if you were to die tomorrow.Learn as if you were to live forever.”
明日死んでしまうと思って(今を)生きよ。永遠に生きるかのように学べ。

です。

最後に、若くして亡くなったアメリカの悲劇の俳優、ジェームスディーンにもこれに近い英語の言葉がありましたので、ご紹介しておきます。
”Dream as if you’ll live forever. Live as if you’ll die today.”
永遠に生きるかのように夢をみなさい。そして、今日が最後の日であるがごとく生きよ。

彼は交通事故により、わずか24歳で亡くなってしまいました。今日からすれば60年以上も前の出来事ではありますが、完全燃焼の人生であったことを願いたいものです。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です