英語のことわざ【うどの大木】

うどの大木 英語
photo by Chad Sparkes

「でかいことはいいことだって聞いてたのに…」

スポンサーリンク

「うどの大木」の英語

UDONO TAIBOKU」in Nihongo/japanese

“Great trees are good for nothing but shade.
大きな木々は、日陰以外には役にたたない

  • うどの大木

nothing but:~しか、only

shade:陰、日陰、シェード

うどの大木 とは、ずうたいばかりが大きく見かけは立派でも、役立たずであるという意味です。「ウド」とはウコギ科タラノキ属の多年草のことで、春に芽吹いた小さい頃には山菜として食べることが出来ます。

ところがウドは時期を過ぎると2~3mにまで成長し、木材としても食用としても適さなくなることから「見かけは立派なのに、何の役にもたたない」例えとして用いられるようになりました。

※ウドは樹木ではなく、草の一種なので「大木」という表現は厳密には誤りです。

英語では、単に「大きな木」を使って表現しています。

ちなみにウドの学術名は、Aralia cordata。日本以外では中国や韓国あたりにしか生えていない草のようで、英語で適切な言葉が無いようです。なので、”Japanese Udo”とか、 ”Japanese spikenard”のように表現するのがよいようです。

spikenard:カンショウ、オミナエシ科の植物

それでも、

What? Japanese Udon?”

のような会話が繰り広げられそうですけれど。

「うどの大木」の他の英語表現

“a big useless fellow”
でかくて役に立たない奴
⇒うどの大木

たんなる悪口ですね。

“a big good-for-nothing fellow”
でかくて役に立たない奴
⇒ウドの大木

good-for-nothing:役に立たない

こちらもたんなる悪口です。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です