英語のことわざ【ミイラ取りがミイラになる】

ミイラ取りがミイラになる 英語
photo by James Lee

「………。」

スポンサーリンク

「ミイラ取りがミイラになる」の英語

“Many go out for wool and come home shorn.
毛糸を求めて出かけ、刈り取られて帰る

  • ミイラ取りがミイラになる

wool:毛糸、ウール

shorn:shear 刈り取るの過去分詞、刈り取られる

ミイラ取りがミイラになるとは、人を連れ戻しにいったものがそのまま帰ってこずに、自分が探される立場になってしまうように、自分も同じようになってしまうことを意味します。

でも、「ミイラ取りって何?」

そもそも日本語の”ミイラ”とは、江戸時代に入ってきたポルトガル語です。

“ミイラ”の元々の意味は、「没薬」を意味する防腐剤として用いられた油のことでした。これがいつの間にか、今の「ミイラ」じたいを指す言葉に転義したようです。

そしてこの「ミイラ」が、16~17世紀ごろのヨーロッパにおいて、漢方のような薬(気持ちわるっ!)として広まったことから、墳墓などにミイラを取りにいく商人が増えました。

さらに江戸時代に日本にも、ミイラという言葉とともに輸入され、”ミイラの粉末”が大名など有力者を中心に、薬として入ってきたようです。

その時に、墳墓のある砂漠にミイラを取りに行き、自分自身が行き倒れてミイラになる、ということを想像してできた言葉という説があるようです。(諸説あり)

ちなみに英語でミイラは、“mummy”です。

英語では、自分自身をもっと裕福にしようと思って出かけた人が、すべてはぎ取られてかえって来た(すってんてんになって帰ってきた)ような場合に用いられます。

「ミイラ取りがミイラになる」の他の英語表現

“The biter is bit.”
かみつくものは噛みつかれる
⇒ミイラ取りがミイラになる

biter:噛む人、かみつく獣

“bit”は”bite”の過去形なので文法的には、the biter is bitten.のほうがが正しく、このように言われたりもしているようです。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です