英語のことわざ【良薬は口に苦し】

良薬は口に苦し
photo by Makia Minich

スポンサーリンク

良薬は口に苦しの英語

” Good medicine tastes bitter.”
よい薬は苦い味がする

  • 良薬は口に苦し

良薬は口に苦しとは、漢方薬など効果のある薬が苦いように、身のためになる忠告は耳に痛く受け入れがたいという意味です。

今から2500年前の中国の思想家、孔子(こうし)の言葉に由来すると伝えられています。孔子と言えば儒教の祖として「論語」が有名ですが、孔子のことはラテン語で、”Confusius“と発音されていたのが、英語でもそのまま使われています。

また、「儒教」のことは英語で

“Analects of Confusius”と言います。
孔子の選集
bitter:苦い

analect:(小分などの)選集

「良薬は口に苦し」の他の英語表現

“Good medicine is bitter to the mouth.”
よい薬は、口にとって苦い
⇒良薬は口に苦し

“Good medicine always has a bitter taste.
よい薬は、常に苦い味がする
⇒良薬は口に苦し

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です