英語のことわざ【早い者勝ち】

早い者勝ち
photo by Jonathan Kos-Read

スポンサーリンク

早い者勝ちの英語

” First come, first served.”
最初に来たものが、最初にサービスを受ける

  • 先着順
  • 早い者勝ち

早い者勝ちとは、何かを人より先にした者が利益を得ることです。先着順ともいいますね。

英語のニュアンスも日本と似ていますね。略してFCFSと頭文字だけの時もあります。

文中では、以下のように用いられている方をよく見る気がします。
 on a first-come,first-served basis早い者勝ちで、先着順で

例)

“Thickets will be distributed on a first-come, first-served basis.”
チケットは先着順で配布される予定です。

「早い者勝ち」の他の英語表現

“The early bird catches the worm.”
早起きの鳥は虫を捕まえる
早起きは三文の徳
これは「早起き」が奨励されているので、早起きは三文の徳の方がより近い意味ではあります。でも、「早起き」を他より行動を先じて行うことの比喩表現ととらえるならば、話している内容や文脈によっては、早い者勝ちとして伝えることもできそうです。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です