英語の名言・格言【トーマス・エジソン】

トーマス・エジソンの名言
トーマス・エジソンは、アメリカ合衆国の発明家、起業家です。
生涯での発明数は1,300にも及び、蓄音機、白熱電球、活動写真などの画期的な発明があります。この偉大な発明家は、小学校中退の学歴であることは有名なお話です。好奇心が強すぎて、小学校を退学になってしまったんですね。

“I have not failed.
私は失敗したことがない。
I’ve just found 10,000 ways that won’t work”
私はただ、10,000通りのうまくいかない方法を発見しただけです。

素晴らしい前向きさです!人は彼を天才と思っていますが、彼ぐらい努力を重ねる前向きさがあれば、たいていの人はある程度の成功を勝ち取れるのではないでしょうか。

プロフェッショナルになる条件で、10,000時間理論というのがありますが、20,000時間かけたら、一体どうなっちゃうんでしょう!?

“Genius is 1 percent inspiration and 99 percent perspiration.
天才とは、1%のひらめきと99%の汗(努力)である

エジソンの有名な言葉です。英語でも、汗(発汗)は努力の賜物の表現です。そういえば野球で、天才と評されるイチロー選手にも多くの名言がありますが、実はとてつもない努力家だということが伝わってきます。

“Many of life’s failures are people who did not realize
人生の失敗者の多くは、気がつかなかった人々である

how close they were to success when they gave up.”
どれだけ近く、彼らは成功するためのそばにいたのか 彼らが諦めた時に

・人生における失敗者(落伍者)の多くは、諦めてしまった時に、
自分がどれだけ成功に近づいていたのか、気づかなかなかった人々である。

エジソンの成功哲学には、一貫性しています。
結局、成功とは、誰もが努力をし続ければつかめるハズなのに、たいていの人は道半ばで諦めてしまうから成功しないんだということを伝えています。

人は誰もが成功をしたいと思っていると思いますが、自分は天才ではないからと、諦めてしまう前に、まず天才と呼ばれる人達と、同じだけの努力をしたのかということは考えてみてもよさそうです。

「天才とは、努力することを努力と思わないで行えるから天才なんだ!」って、誰かが言っていた気がします。

“Opportunity is missed by most people because it is dressed in overalls and looks like work.

これぞ成功哲学ですね!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です