英語のことわざ【まさかの時の友こそ真の友】

afriendindeed
photo by Pacheco

スポンサーリンク

まさかの時の友こそ真の友の英語

” A friend in need is a friend indeed.”
必要なときの友は、実の友達だ

  • まさかの時の友こそ真の友

まさかの時の友こそ真の友とは、自分が窮地に陥っている時に手を差し伸べてくれる友こそが本当の友人と言える存在という、英語表現です。

必要な状況を意味する”in need”と”indeed”で韻を踏んでいる構造になっています。

うわべだけ仲が良くても、自分の立場が弱くなったりした時に手のひらを反してくるような人は友人とは言えません。例え少人数でも、ピンチの際に悩みを気兼ねなく打ち明けられるような友人が欲しいものですね。

indeed:実際に、まったく、本当に

“Everybody’s friend is nobody’s friend”とも言います。

“friend”に関する英語のことわざや表現

“A good friend is my nearest relation.”
良き友は、最も近い親類

“A friend to all is a friend to none.”
すべての人を友とする人は、誰の友でもない
⇒八方美人

“A good friend is as the sun in winter.”
良き友というものは、冬の太陽と同じ
“A friend is not so soon gotten as lost.”
友は失うのと同じようにすぐに得られることはない
⇒友は得難く失いやすし

so soon as~:~と同じぐらい

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です